很正的一首歌,

讓我想起1998年的夏天,

在美國的那短暫的時間裡,

沒有壓力,沒有鬧鐘,沒有憂傷,

只有日復一日的看著這新鮮的世界.


 

永遠の嘘をついてくれ

ニューヨークは粉雪の中らしい
聽說紐約正是大雪紛飛,
成田からの便はまだまにあうだろうか
應該還能趕上從成田機場往那裡的班次;
片っぱしから友達に借りまくれば
再跟當地的朋友一個一個地探問可供借住的地方,
けっして行けない場所でもないだろうニューヨークぐらい
不管怎麼樣,現在紐約總是去得成吧。
なのに永遠の嘘を聞きたくて 今日もまだこの街で酔っている
卻因為莫名地想聽一個永遠的謊言,至今仍然在街頭買醉。  
永遠の嘘を聞きたくて 今はまだ二人とも旅の途中だと
想聽你說一個永遠的謊言,説我倆仍在旅途當中。 
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
想聽你對我說一個永遠的謊言,千萬別告訴我事情的真相;
永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ
請給我一個永遠的謊言,告訴我無論如何這一切都是因為愛我。


この国を見限ってやるのは俺のほうだと
「我打算放棄這個國家了。」
追われながらほざいた友からの手紙には
正在逃避的朋友在信裡隨口寫道。
上海の裏町で病んでいると
「我人目前生了病在上海的巷子裡。」
見知らぬ誰かの下手な代筆文字
看這笨拙的字跡應該不是他親自寫的。
なのに永遠の嘘をつきたくて 探しには来るなと結んでいる
因為他想說一個永遠的謊言,於是在信末寫著:「不要來看我!」
永遠の嘘をつきたくて 今はまだ僕たちは旅の途中だと
想說一個永遠的謊言,說我倆仍然繼續著這旅程。
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
想聽你對我說一個永遠的謊言,千萬別告訴我事情的真相;
永遠の嘘をついてくれ 一度は夢を見せてくれた君じゃないか
請給我一個永遠的謊言,過去是你讓我望著夢想的不是嗎?


傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
像是受了傷的野獸用盡力氣嘶聲吶喊,
放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
用盡最後的力量說別管我。
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
用謊言來代替永遠的分離吧,
やりきれない事実のかわりに
代替一切無奈的事實。
たとえくり返し何故と尋ねても 振り払え風のようにあざやかに
即使他人不斷追問分離的理由,仍希望像拂掠過的風瀟灑地結束一切。
人はみな 望む答だけを聞けるまで尋ね続けてしまうものだから
因為人們總是不斷尋問自己想聽的答案直到永遠。
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
想聽你對我說一個永遠的謊言,千萬別告訴我事情的真相;
永遠の嘘をついてくれ  出会わなければよかった人などないと笑ってくれ
請給我一個永遠的謊言,笑著説你從不後悔我們相遇的一切。


君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
想聽你對我說一個永遠的謊言,千萬別告訴我事情的真相;
永遠の嘘をついてくれ  出会わなければよかった人などないと笑ってくれ
請給我一個永遠的謊言,笑著説你從不後悔我們相遇的一切。

創作者介紹

Tomo's private beach

Tomo 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()